目次AutoHotkeyAppleScriptShellScriptJavaScript・CSSlinuxBeanTips太閤立志伝Vその他うp普通に日記
どんなに経験が豊富でも、人のために知識を出し惜しむなら門外漢と変わらない。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.15 Sun

ブロックしてもブロックしても検索結果に引っ掛かるRT乞食にウンザリしたので。
IDと特定文字列のフィルタリングに対応しています(ついっぷるは最近使っていないのでIDのみ)。

twitter_local_abone.user.js ver. 0.2.1.5 Firefox+Greasemonkey 2.0で動作確認

2013.08.20 Tue

せっかくユーザー辞書を作成したのに、Windowsとともに使えなくなってしまうのは悔しい。

どうにか引越先のLinuxでもAnthyに辞書をインポートさせられないかと調べた所、
Canna形式のファイルに変換すれば自動で読み込んでくれることが判明。
簡単なシェルスクリプトを書いてワンタッチで移行できるようにしてみた。


対応している辞書形式

  • MS-IME
  • Google 日本語入力(Mozc)

手順

  1. Linuxにnkfをインストールしておく
  2. IME付属の辞書ツールから単語データをテキスト形式でエクスポートする
  3. 以下のシェルスクリプトをテキストエディタにコピペし、「dict2anthy」として保存する
    #!/bin/bash
    
    # パスの設定
    canna="${HOME}/.anthy/imported_words_default.d"
    
    # 辞書フォルダが無ければ作成
    if [ ! -d "${canna}" ]; then
    	echo "${canna}を作成しました"
    	mkdir "${canna}"
    fi
    
    # 改行の設定
    br="
    "
    
    # 引数と標準入力をまとめる
    args=""
    if [ ! -t 0 ] ; then
    	while read i ; do
    		args="${args}${br}${i}"
    	done
    fi
    for i in "$@" ; do
    	args="${args}${br}${i}"
    done
    
    # 区切り文字を改行に
    _IFS="$IFS";IFS="$br"
    
    # 処理ループ開始
    for i in $args ; do
    	
    	# 拡張子抜きのファイル名を取得
    	j="${i##*/}"
    	k="${j%.*}"
    	echo
    	echo "${i}${br}--> ${canna}/${k}.t"
    	
    	# GoogleIME形式からCanna形式に簡易変換
    	# http://www.tanu.org/~sakane/doc/public/howto-canna.html
    	
    	# MS-IME
    	line1=$(nkf --utf8 -Lu "${i}" | awk -F'[\t]' '{print $1" "$3" "$2}' | sed \
    	-e 's/ 名詞 / #T35 /'          \
    	-e 's/ 形容詞 / #KY /'         \
    	-e 's/ 形容動詞 / #T00 /'      \
    	-e 's/ 副詞 / #F04 /'          \
    	-e 's/ 連体詞 / #RT /'         \
    	-e 's/ 接続詞 / #CJ /'         \
    	-e 's/ 感動詞 / #CJ /'         \
    	-e 's/ 助数詞 / #JS /'         \
    	-e 's/ 接頭語 / #PRE /'        \
    	-e 's/ 接尾語 / #SUC /'        \
    	-e 's/ さ変名詞 / #T30 /'      \
    	-e 's/ ざ変名詞 / #ZX /'       \
    	-e 's/ さ変形動名詞 / #T30 /'  \
    	-e 's/ 形動名詞 / #T05 /'      \
    	-e 's/ 副詞的名詞 / #T35 /'    \
    	-e 's/ 人名 / #JN /'           \
    	-e 's/ 姓 / #JN /'             \
    	-e 's/ 名 / #JN /'             \
    	-e 's/ 地名その他 / #CN /'     \
    	-e 's/ 固有名詞 / #KK /'       \
    	-e 's/ あわ行五段 / #W5 /'     \
    	-e 's/ か行五段 / #K5 /'       \
    	-e 's/ が行五段 / #G5 /'       \
    	-e 's/ さ行五段 / #S5 /'       \
    	-e 's/ た行五段 / #T5 /'       \
    	-e 's/ な行五段 / #N5 /'       \
    	-e 's/ ば行五段 / #B5 /'       \
    	-e 's/ ま行五段 / #M5 /'       \
    	-e 's/ ら行五段 / #R5 /'       \
    	-e 's/ 一段動詞 / #KS /'       \
    	-e 's/ 姓名接頭語 / #PRE /'    \
    	-e 's/ 地名接頭語 / #CNPRE /'  \
    	-e 's/ 姓名接尾語 / #JNSUC /'  \
    	-e 's/ 地名接尾語 / #CNSUC1 /' \
    	                               \
    	-e 's/ 顔文字 / #KK /'         \
    	-e 's/ その他自立語 / #KK /'   \
    	-e 's/ 慣用句 / #KK /'         \
    	-e 's/ 独立語 / #KK /'         \
    	-e 's/ 抑制単語 / #KK /')
    
    	# Google 日本語入力
    	line2=$(echo "$line1" | sed    \
    	-e 's/ 固有名詞 / #KK /'       \
    	-e 's/ 名詞サ変 / #T30 /'      \
    	-e 's/ 名詞形動 / #T05 /'      \
    	-e 's/ 地名 / #CN /'           \
    	-e 's/ 組織 / #KK /'           \
    	-e 's/ 動詞ワ行五段 / #W5 /'   \
    	-e 's/ 動詞カ行五段 / #K5 /'   \
    	-e 's/ 動詞サ行五段 / #S5 /'   \
    	-e 's/ 動詞タ行五段 / #T5 /'   \
    	-e 's/ 動詞ナ行五段 / #N5 /'   \
    	-e 's/ 動詞マ行五段 / #M5 /'   \
    	-e 's/ 動詞ラ行五段 / #R5 /'   \
    	-e 's/ 動詞ガ行五段 / #G5 /'   \
    	-e 's/ 動詞バ行五段 / #B5 /'   \
    	-e 's/ 動詞一段 / #KS /'       \
    	-e 's/ 動詞カ変 / #KX /'       \
    	-e 's/ 動詞サ変 / #SX /'       \
    	-e 's/ 動詞ザ変 / #ZX /'       \
    	-e 's/ 接尾一般 / #SUC /'      \
    	-e 's/ 接尾人名 / #JNSUC /'    \
    	-e 's/ 接尾地名 / #CNSUC1 /'   \
    	                               \
    	-e 's/ 動詞ハ行四段 / #W5 /'   \
    	-e 's/ 動詞ラ変 / #L5 /'       \
    	-e 's/ 終助詞 / #KK /'         \
    	-e 's/ 数 / #NN /'             \
    	-e 's/ アルファベット / #KK /' \
    	-e 's/ 記号 / #KJ /'           \
    	-e 's/ 句読点 / #KJ /'         \
    	-e 's/ 括弧開 / #KJ /'         \
    	-e 's/ 括弧閉 / #KJ /'         \
    	-e 's/ 短縮よみ / #KK /'       \
    	-e 's/ サジェストのみ / #KK /')
    
    	# ATOK
    	line1=$(echo "$line2" | sed  \
    	-e 's/ 固有人姓 / #JN /'     \
    	-e 's/ 固有人名 / #JN /'     \
    	-e 's/ 固有人他 / #JN /'     \
    	-e 's/ 固有地名 / #CN /'     \
    	-e 's/ 固有組織 / #KK /'     \
    	-e 's/ 固有商品 / #KK /'     \
    	-e 's/ 固有一般 / #KK /'     \
    	-e 's/ 名詞サ変 / #T30 /'    \
    	-e 's/ 名詞ザ変 / #ZX /'     \
    	-e 's/ 名サ形動 / #T30 /'    \
    	-e 's/ 数詞 / #NN /'         \
    	-e 's/ 冠数詞 / #NNPRE /'    \
    	-e 's/ 単漢字 / #KJ /'       \
    	-e 's/ カ行五段 / #K5 /'     \
    	-e 's/ ガ行五段 / #G5 /'     \
    	-e 's/ サ行五段 / #S5 /'     \
    	-e 's/ タ行五段 / #T5 /'     \
    	-e 's/ ナ行五段 / #N5 /'     \
    	-e 's/ バ行五段 / #B5 /'     \
    	-e 's/ マ行五段 / #M5 /'     \
    	-e 's/ ラ行五段 / #R5 /'     \
    	-e 's/ ワ行五段 / #W5 /'     \
    	-e 's/ ハ行四段 / #W5 /'     \
    	-e 's/ 一段動詞 / #KS /'     \
    	-e 's/ カ変動詞 / #KX /'     \
    	-e 's/ サ変動詞 / #SX /'     \
    	-e 's/ ザ変動詞 / #ZX /'     \
    	-e 's/ 形容詞イ / #KY /'     \
    	-e 's/ 形容詞エ / #KY /')
    	
    	# ATOK(古文。無理矢理当てはめただけ)
    	line2=$(echo "$line1" | sed  \
    	-e 's/ ワ行五段音便 / #W5 /' \
    	-e 's/ ナ変動詞 / #N5 /'     \
    	-e 's/ ラ変動詞 / #R5 /'     \
    	-e 's/ カ行上二段 / #K5 /'   \
    	-e 's/ ガ行上二段 / #G5 /'   \
    	-e 's/ タ行上二段 / #T5 /'   \
    	-e 's/ ダ行上二段 / #ZX /'   \
    	-e 's/ ハ行上二段 / #W5 /'   \
    	-e 's/ バ行上二段 / #B5 /'   \
    	-e 's/ マ行上二段 / #M5 /'   \
    	-e 's/ ヤ行上二段 / #KS /'   \
    	-e 's/ ラ行上二段 / #R5 /'   \
    	-e 's/ カ行下二段 / #K5 /'   \
    	-e 's/ ガ行下二段 / #G5 /'   \
    	-e 's/ サ行下二段 / #S5 /'   \
    	-e 's/ ザ行下二段 / #ZX /'   \
    	-e 's/ タ行下二段 / #T5 /'   \
    	-e 's/ ダ行下二段 / #ZX /'   \
    	-e 's/ ナ行下二段 / #N5 /'   \
    	-e 's/ ハ行下二段 / #W5 /'   \
    	-e 's/ バ行下二段 / #B5 /'   \
    	-e 's/ マ行下二段 / #M5 /'   \
    	-e 's/ ヤ行下二段 / #KS /'   \
    	-e 's/ ラ行下二段 / #R5 /'   \
    	-e 's/ ワ行下二段 / #W5 /'   \
    	-e 's/ 形容詞ウ / #KY /'     \
    	-e 's/ 形動タリ / #F00 /')
    
    	# ゔ行・数字
    	line1=$(echo "$line2" | sed  \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔぁ\([^ ]*\) /\1ば\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔぃ\([^ ]*\) /\1び\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔぅ\([^ ]*\) /\1ぶ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔぇ\([^ ]*\) /\1べ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔぉ\([^ ]*\) /\1ぼ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ゔ\([^ ]*\) /\1ぶ\2 /'   \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴぁ\([^ ]*\) /\1ば\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴぃ\([^ ]*\) /\1び\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴぅ\([^ ]*\) /\1ぶ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴぇ\([^ ]*\) /\1べ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴぉ\([^ ]*\) /\1ぼ\2 /' \
    	-e 's/^\([^ ]*\)ヴ\([^ ]*\) /\1ぶ\2 /'   \
    	                                         \
    	-e 's/^\([^ ]*\)0\([^ ]*\) /\10\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)1\([^ ]*\) /\11\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)2\([^ ]*\) /\12\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)3\([^ ]*\) /\13\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)4\([^ ]*\) /\14\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)5\([^ ]*\) /\15\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)6\([^ ]*\) /\16\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)7\([^ ]*\) /\17\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)8\([^ ]*\) /\18\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)9\([^ ]*\) /\19\2 /')
    	
    	# 小文字
    	line2=$(echo "$line1" | sed  \
    	-e 's/^\([^ ]*\)a\([^ ]*\) /\1a\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)b\([^ ]*\) /\1b\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)c\([^ ]*\) /\1c\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)d\([^ ]*\) /\1d\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)e\([^ ]*\) /\1e\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)f\([^ ]*\) /\1f\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)g\([^ ]*\) /\1g\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)h\([^ ]*\) /\1h\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)i\([^ ]*\) /\1i\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)j\([^ ]*\) /\1j\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)k\([^ ]*\) /\1k\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)l\([^ ]*\) /\1l\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)m\([^ ]*\) /\1m\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)n\([^ ]*\) /\1n\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)o\([^ ]*\) /\1o\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)p\([^ ]*\) /\1p\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)q\([^ ]*\) /\1q\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)r\([^ ]*\) /\1r\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)s\([^ ]*\) /\1s\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)t\([^ ]*\) /\1t\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)u\([^ ]*\) /\1u\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)v\([^ ]*\) /\1v\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)w\([^ ]*\) /\1w\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)x\([^ ]*\) /\1x\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)y\([^ ]*\) /\1y\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)z\([^ ]*\) /\1z\2 /')
    
    	# 大文字
    	line1=$(echo "$line2" | sed  \
    	-e 's/^\([^ ]*\)A\([^ ]*\) /\1A\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)B\([^ ]*\) /\1B\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)C\([^ ]*\) /\1C\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)D\([^ ]*\) /\1D\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)E\([^ ]*\) /\1E\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)F\([^ ]*\) /\1F\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)G\([^ ]*\) /\1G\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)H\([^ ]*\) /\1H\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)I\([^ ]*\) /\1I\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)J\([^ ]*\) /\1J\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)K\([^ ]*\) /\1K\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)L\([^ ]*\) /\1L\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)M\([^ ]*\) /\1M\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)N\([^ ]*\) /\1N\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)O\([^ ]*\) /\1O\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)P\([^ ]*\) /\1P\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)Q\([^ ]*\) /\1Q\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)R\([^ ]*\) /\1R\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)S\([^ ]*\) /\1S\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)T\([^ ]*\) /\1T\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)U\([^ ]*\) /\1U\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)V\([^ ]*\) /\1V\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)W\([^ ]*\) /\1W\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)X\([^ ]*\) /\1X\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)Y\([^ ]*\) /\1Y\2 /'    \
    	-e 's/^\([^ ]*\)Z\([^ ]*\) /\1Z\2 /')
    	
    	# 半角英字に隣接した記号・波ダッシュ問題・空行
    	line2=$(echo "$line1" | sed \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)。/\1\./' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)、/\1,/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)ー/\1-/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)=/\1=/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)・/\1\//' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)//\1\//' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)\/\1\\/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)¥/\1\\/' \
    	-e "s/\([ -~。-゚]\)’/\1\'/" \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)”/\1\"/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)(/\1\(/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\))/\1\)/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)「/\1\[/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)」/\1\]/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\){/\1\{/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)}/\1\}/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)</\1\/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)!/\1!/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)?/\1\?/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)&/\1&/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)$/\1\$/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)@/\1@/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)%/\1%/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)#/\1#/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)+/\1\+/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)*/\1\*/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)^/\1\^/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)|/\1\|/' \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)_/\1_/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)〜/\1~/'  \
    	-e 's/\([ -~。-゚]\)~/\1~/'  \
    	-e 's/^\([^ ]*\) \([^ ]*\) \([^ ]*\)〜\([^ ]*\)/\1 \2 \3~\4/' \
    	-e '/^\s*$/d')
    	
    	# 一時ファイルに書き出し
    	echo "$line2" > "${HOME}/__convdict_${k}.tmp"
    
    	# ソートして辞書フォルダに格納
    	# http://www.ofug.net/~yamajun/document/anthy-dict/
    	env LANG=C sort "${HOME}/__convdict_${k}.tmp" > "${canna}/${k}.t"
    	
    	rm "${HOME}/__convdict_${k}.tmp"
    done
    
    # 区切り文字を戻す
    IFS="$_IFS"
    
    echo
    
  4. スクリプトに実行権限を付与する(プロパティで操作するか「chmod +x dict2anthy」を実行)
  5. ターミナルから「./dict2anthy hoge.dic」という具合にスクリプトを実行する
  6. 試しに辞書内の単語を入力してみる
テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ
ShellScript    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2013.06.24 Mon

昔のiPodやMicroSDなどに音楽を突っ込んで聞いていると、
番号順ではなくFAT32のインデックス順に再生されてしまいイラッとする事がある。

Windowsであれば「FolderSort」というフリーソフトを使って簡単にソートできるのだが、
Linuxではそうもいかない。それ系のアプリがどれもこれも貧弱で使い物にならないのだ。

手動で一々並べ替えるのも大変面倒なので、
例によって例の如くシェルスクリプトでサクッと解決してやる事にしよう。


使い方

  1. 以下のシェルスクリプトをテキストエディタにコピペし、「foldersort」として保存する
    #!/bin/bash
    
    # 指定されたフォルダを変数に格納
    rel="$1"
    
    # 親フォルダの指定がなかった場合は終了
    if [ "a${rel}" = "a" ] ; then
    	echo フォルダを指定してください。
    	echo 例: foldersort /mnt/sdb1
    	exit 1
    fi
    
    # 親フォルダが存在しなかった場合も終了
    if [ ! -d "${rel}" ]; then
    	echo フォルダが存在しません。
    	exit 1
    fi
    
    # 区切り文字を改行に
    _IFS="$IFS";IFS="
    "
    
    # 親フォルダの絶対パスを取得
    abs=$(cd $(dirname "${rel}") && pwd)/$(basename "${rel}")
    
    # 親フォルダへ移動
    cd "${abs}"
    
    # 子フォルダをリストアップして順番に処理
    for i in `find . -type d | tail -n +2 | LANG=C sort -f -n` ; do
    	
    #	# 子フォルダに移動
    	cd "${i}"
    	echo ${i}
    	
    #	# 一時フォルダを作成
    	mkdir ./_sorttmp_
    	mv * ./_sorttmp_/ 2> /dev/null
    	cd ./_sorttmp_
    	
    #	# ファイル名をリストアップして順番に移動させる
    	for j in `ls -1 -v` ; do
    		mv "${j}" ../
    		echo ${j}
    	done
    	echo ----------
    	
    #	# 一時フォルダを削除
    	cd ../
    	rmdir ./_sorttmp_
    	
    #	# 親フォルダに戻る
    	cd "$abs"
    	
    done
    
    # 区切り文字を戻す
    IFS="$_IFS"
    
    
  2. スクリプトファイルに実行権限を付与する(プロパティで操作するか「chmod +x」を実行)
  3. ターミナルから「foldersort /mnt/sdb1」という具合にソートさせたいフォルダを指定する
  4. (゚Д゚)ウマー
テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ
ShellScript    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2013.05.29 Wed

AHK

AutoEveCon
-Requiem for Mr.Murasame-

~イベコン中毒の皆様に捧ぐ~

  1. 太閤立志伝V本体を強制終了し、
  2. イベントコンバータで中間ファイルの生成を行い、
  3. 未登録のイベント/フラグがあればID検索追加を行い、
  4. 千階堂ツールで中間ファイルのバイナリを書き換え、
  5. イベントコンバータで中間ファイルをコンパイルし、
  6. 以前のイベントデータをバックアップし、
  7. 完成したイベントデータをインストールした後、
  8. 太閤立志伝V本体を再起動する

そんな面倒臭い作業を、一括で行ってしまうツールです。
文字サイズ普通、96dpiでなければ動作しません。
また、画面の配色もWindowsクラシックを基準にしています。


AutoEveCon 0.8
AutoHotkey_L , WindowsXP SP3で動作確認
(AEC.zip 6.74KB)
ダウンロード 古いバージョン



更新履歴

0.8
文字コードのミスを修正。
XPと7でエラー検出の戻り値が異なる不具合に対応。
スクリプトファイル単体での配布に変更。

0.7
フラグ・識別子の重複に対応。
最新のAutoHotkeyに対応。

0.6
エラーメッセージの詳細化。
Vista、7への対応を強化。

0.5
強制再起動するかどうか選択可能に。
Unlockerにも対応。

0.4
エラー時の安定性を向上。

0.3
ID検索追加、エラー対策を強化
千階堂方式を変更、XP Lunaに対応

0.2
本体再起動とバックアップ機能を追加

0.1
初リリース


テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム
太閤立志伝V    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2013.03.13 Wed

CRH.png

ChromeRemoteHelper

日本語入力を考慮していない海外産のリモートデスクトップ環境でも、
画面左下の大きなボタンを押すだけで簡単に入力方式が切り替えられるスクリプトです。

Altキーを使える環境なら、「Alt+1→IMEオフ」「Alt+U→ひらがな」という具合に
キーボードショートカットからも切替が可能になります。

一応リモートアシスタンス(RDP)やTrueRemote、TeamViewer、Splashtop、VNCなどでも
サーバー側がWindowsである限りは動作する…と思います。たぶん。

ChromeRemoteHelper 0.1
スクリプトの動作にはAutoHotKey_Lが必要
WindowsXP SP3 , Windows7で動作確認
(CRH01.zip 25KB)
ダウンロード


更新履歴

0.1
初リリース
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。